フィギュアスケートPRESSBACK NUMBER

「すごい見つめられている感があって…」高橋大輔&村元哉中が奏でる新たな関係性「音楽が鳴った瞬間、大ちゃんの目力が変わるんです」 

text by

野口美惠

野口美惠Yoshie Noguchi

PROFILE

photograph byAsami Enomoto

posted2022/11/23 17:03

「すごい見つめられている感があって…」高橋大輔&村元哉中が奏でる新たな関係性「音楽が鳴った瞬間、大ちゃんの目力が変わるんです」<Number Web> photograph by Asami Enomoto

NHK杯でフリーダンス『オペラ座の怪人』を演じ切った直後の高橋大輔と村元哉中

「音楽が鳴った瞬間、大ちゃんの目力の入り方がギュって変わるんです」(村元)

「自分の中で、ゾーンに入った感覚を初めて覚えたのがオペラ座でした。曲を聞いたらファントムになりきってしまいます」(高橋)

 醜い顔を見られたファントムが狂気の愛を乞うシーンからスタート。

 “Say you’ll share with me one love, one lifetime. Lead me, save me from my solitude”

(1つの愛、1つの人生を分かち合うと約束してくれ。私を導き、この孤独から救ってくれ)

哉中ちゃんの声でなんとか落とさずに済んだという感じ…

 一瞬でファントムの目になった高橋が、切ない歌詞に乗ってクリスティーヌを求め、村元もクリスティーヌの葛藤を全身で表現する。冒頭のコレオグラフィックステップは「+4」をつけるジャッジもおり、スタートから一気に2人の世界観へと引き込んだ。

 しかし「ペース配分しなかった」と高橋が言うとおり、後半にかけてスピードが落ちていく。最後のコレオリフトは、高橋がフラつきながら最後の力を振り絞って村元をリフト。頭上から村元が「踏ん張って!」と叫んだ。

「リフトの上げで失敗してしまって本当に危なかったので、哉中ちゃんの声でなんとか落とさずに済んだという感じです」

 演技からおよそ10分後、インタビューに現れた高橋は、まだ荒い息が収まっていなかった。

「気持ちの面では入り込んで滑れたと思うんですが、後半は足に来てしまって、気持ちにプラスアルファ、身体で表現するということが出来ませんでした。日本のお客さんの前でこれだけ緊張感が高いと、後半で体力が奪われるというのを実感できました」

 実際には、NHK杯前に後半部分をかなり修正したこともあり、まだ成長中のプログラム。コーチのズエワも言う。

【次ページ】 まだ完成形ではないです

BACK 1 2 3 4 5 NEXT
高橋大輔
村元哉中
マリーナ・ズエワ

フィギュアスケートの前後の記事

ページトップ