SCORE CARDBACK NUMBER

混戦・菊花賞はレコード決着。明暗を分けた人気馬の位置取り。

posted2022/11/10 07:00

 
混戦・菊花賞はレコード決着。明暗を分けた人気馬の位置取り。<Number Web> photograph by Photostud

鞍上の田辺裕信騎手は'16年の安田記念以来、3度目のGI制覇。クラシックは初めての勝利

text by

片山良三

片山良三Ryozo Katayama

PROFILE

photograph by

Photostud

 ダービー馬ドウデュースが凱旋門賞に遠征し、皐月賞馬ジオグリフは天皇賞・秋を選択。両レースで2着となったイクイノックスも天皇賞挑戦に舵を切ったことで、「主役不在」と声高に言われたのが今年の3冠最終戦、菊花賞(10月23日、阪神3000m、GI)だった。

 そうした評判に最も腹を立てていたのが、アスクビクターモア(牡3歳、父ディープインパクト、母カルティカ、美浦・田村康仁厩舎)だったろう。弥生賞を勝ち、皐月賞5着、ダービー3着と、クラシック戦線の王道で上位争いを演じてきた馬のプライド。秋初戦はセントライト記念で頭差の2着に敗れたものの、力は示したという自負は失っていない。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 635文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連記事

アスクビクターモア
田辺裕信
セイウンハーデス
ガイアフォース
松山弘平

競馬の前後の記事

ページトップ