Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

[特別エッセイ]青の時代

posted2022/10/06 07:02

 
[特別エッセイ]青の時代<Number Web> photograph by Takayuki Ino(Illustration)

text by

先崎学

先崎学Manabu Senzaki

PROFILE

photograph by

Takayuki Ino(Illustration)

 十数年前、棋士が麻雀ばかり打っていた時期があって、それは三、四年つづいた。今も昔も麻雀は若い棋士の必修課目のようなものである。なにより皆若く、ヒマとエネルギーを持て余して、ひたすら自由を求めていた。千葉幸生、村中秀史、伊藤真吾、今の将棋界を支える中核世代が、新宿西口の当時はまだ珍しかった禁煙雀荘にたむろしていた。死んだ天野貴元がいた。私は終った後、酒を奢る役だった。

 もっとも参加が多かったのは広瀬章人だった。週に一、二回行われる定例会に行くと、いつも口をへの字にしながら打ち、和ると満面の笑みになる。だが、リーチをする時に将棋を指すような手つきで牌を横に曲げていた。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 1379文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連記事

広瀬章人

ゲームの前後の記事

ページトップ