競馬PRESSBACK NUMBER

ジャンポケ斉藤慎二39歳が明かす『ウイニング競馬』MCで苦しんだ日々「毎週土曜日が本当に憂鬱で…」「いまだにエゴサーチもします」 

text by

軍土門隼夫

軍土門隼夫Hayao Gundomon

PROFILE

photograph byYuki Suenaga

posted2022/10/05 11:04

ジャンポケ斉藤慎二39歳が明かす『ウイニング競馬』MCで苦しんだ日々「毎週土曜日が本当に憂鬱で…」「いまだにエゴサーチもします」<Number Web> photograph by Yuki Suenaga

2013年4月から『ウイニング競馬』MCを務めるジャングルポケット斉藤慎二。今では進行が板についているが、就任直後は苦しむ日々が続いたという…

斉藤 しっかり喋って進行するなんて、自分には無理だと思っているんです。ましてや『ウイニング競馬』はずっと見てきてましたから、あれを自分ができるとはとても思えませんでした。でも「これはチャンスですよ」ってすごく説得されて。それで最終的に受けました。

斉藤くん、2ちゃんねる荒れてるね

――いざ始めてみて、いかがでしたか?

斉藤 1年目はもう大炎上でした。ネット掲示板とか、すごかったです。スタッフさんから「斉藤くん、2ちゃんねる荒れてるね」とか教えられたりして。つらかったですね。覚悟は決めていましたし、実際、言われて当然の仕事ぶりでしたが、それでも自分が思っていた以上につらかったです。正直、毎週土曜日が本当に憂鬱でした。

――今振り返ってみて、どういうところがうまくいかなかったんでしょう?

斉藤 いくら競馬が好きでも、好きなだけでは通用しない、むしろその気持ちをコントロールして冷静にやらなきゃいけないというのが、まだうまくできていませんでした。また芸人として変に笑いを取りにいこうとしても、見ている人からするとやっぱりレースを見たい、馬の情報を知りたいわけだし。そういう職業意識との折り合いのつけ方にも悩みました。

お前のせいでテレビ東京、嫌いになったんだよ

――いちばんつらかった思い出は?

斉藤 屋外で収録しているときにかけられた言葉なんですが、「お前のせいでテレビ東京、嫌いになったんだよ。井森(前MCの井森美幸)に戻せよ」って言われたことがあって、あれは落ち込みました。正直、思い出すと今でもきついです。

――『ウイニング競馬』MCを始めたのは、斉藤さんが30歳になる年の春ですね。

斉藤 そうです。若かったですが、それまではもちろん、その後も含めて、今までやってきた仕事の中であの最初の1年がいちばんつらかったです。本当に眠れなくなりましたから。金曜日に台本を読んでいると、心配ばかり浮かんできて。

キャプテン渡辺さんの存在は、本当に大きかった

――どなたか先輩の芸人さんに相談したりは?

【次ページ】 番組で忘れられないのは…

BACK 1 2 3 4 5 NEXT
斉藤慎二
ジャングルポケット

競馬の前後の記事

ページトップ