競馬PRESSBACK NUMBER

ジャンポケ斉藤慎二39歳が明かす『ウイニング競馬』MCで苦しんだ日々「毎週土曜日が本当に憂鬱で…」「いまだにエゴサーチもします」 

text by

軍土門隼夫

軍土門隼夫Hayao Gundomon

PROFILE

photograph byYuki Suenaga

posted2022/10/05 11:04

ジャンポケ斉藤慎二39歳が明かす『ウイニング競馬』MCで苦しんだ日々「毎週土曜日が本当に憂鬱で…」「いまだにエゴサーチもします」<Number Web> photograph by Yuki Suenaga

2013年4月から『ウイニング競馬』MCを務めるジャングルポケット斉藤慎二。今では進行が板についているが、就任直後は苦しむ日々が続いたという…

斉藤 そうなんです。だから、じつは僕自身はジャングルポケットにはリアルタイムで強い思い入れがあるわけではなくて。そのとき僕がいちばん好きだったのはドリームパスポートという馬で、僕はその名前を提案したんですが、当時はおたけが絶大な権限を握っていたので採用されませんでした。今なら絶対ありえないですけどね(笑)。

『ウイニング競馬』はバレるだろうなと思っていた

――でもインパクトがあるし呼びやすいし、いい名前ですよね。

斉藤 ジャングルポケット、略してジャンポケ。いいですよね。芸人さんって何かから取ったコンビ名、たくさんあるでしょう。くりぃむしちゅーとかサンドウィッチマンとか、冷静に考えれば食べ物じゃんって思いますけど、でも活動しているとそれが定着して、違和感なくなるんですよね。この名前も、そうなってくれたとしたら嬉しいです。

――ジャングルポケットの人気が出るとともに斉藤さんの競馬好きも世に知られるようになり、2013年、テレビ東京系の競馬中継番組『ウイニング競馬』のMCに起用されます。オファーが来たときの気持ちは?

斉藤 『ウイニング競馬』は、最初は仮でスケジュールが入ってて、でもこれはバレる(キャンセルになる)だろうなと思っていたんです。当時の僕は、そんなふうに仕事が「仮バラシ」になることが多くて、これもそうだろうと深く考えていませんでした。

――でも、実現しました。

斉藤 「仮」がぱっと消えたときは「これ本当なの?」って驚いてマネージャーに聞きましたよ。しかも、てっきりキャプテン渡辺さんがやっているパネラーのポジションだと思ったらMCだと言われて、またびっくりして。いや無理だよって言いました。

ひな壇で騒ぐポジションで満足していた

――やった、チャンスだ! という反応ではなかったんですね。

斉藤 じつは僕、芸人になったときからMCをやりたいっていう気持ちがまったくなかったんです。バラエティのひな壇で騒ぐポジションで満足していて。それはずっと変わっていなくて、いまだに他の番組でMCをやりたいとは全然思っていないです。

――それは意外です。どうしてなんですか。

【次ページ】 斉藤くん、2ちゃんねる荒れてるね

BACK 1 2 3 4 5 NEXT
斉藤慎二
ジャングルポケット

競馬の前後の記事

ページトップ