SCORE CARDBACK NUMBER

前半戦を左右した性能と信頼性のトレードオフ。

posted2022/08/26 07:00

 
前半戦を左右した性能と信頼性のトレードオフ。<Number Web> photograph by AFLO

ハンガリーGPはレッドブル、メルセデスが表彰台に。フェラーリは予選2位、3位だったが4位と6位に沈む

text by

今宮雅子

今宮雅子Masako Imamiya

PROFILE

photograph by

AFLO

 7月は5週で4つのグランプリを戦った後、8月末のベルギーGPに向かうまで、F1チームはファクトリーを完全にシャットダウンする。規則によって強制された、実質2週間の夏休みである。

 第13戦ハンガリーGPまでのシーズン前半は、各チームの特性を顕著に示した。速さでは他を圧倒しながら信頼性に不安を抱えるレッドブルとフェラーリ。両者の力関係はサーキット特性に左右される。ただし、選手権首位のマックス・フェルスタッペンと2位シャルル・ルクレールの間には80ポイント、首位レッドブルと2位フェラーリの間には97ポイントもの開きがある。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 635文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連記事

レッドブル・レーシング
フェラーリ
マックス・フェルスタッペン
シャルル・ルクレール
メルセデスAMG

F1の前後の記事

ページトップ