Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

[スペシャルインタビュー]井上尚弥「次なる王道へ」

posted2022/06/16 07:03

 
[スペシャルインタビュー]井上尚弥「次なる王道へ」<Number Web> photograph by Maciej Kucia

text by

渋谷淳

渋谷淳Jun Shibuya

PROFILE

photograph by

Maciej Kucia

宿敵ドネアに対し1Rでダウンを奪い、2回TKO勝利。3団体統一に加え、米リング誌でPFP1位に輝くという日本人初の偉業を成し遂げた。まだまだ進化し続ける不世出のボクサーが、自身にしか歩むことのできない未来の“チャンピオンロード”の具体像を明かす――。

 コーナーポストのロープに駆け上がった井上尚弥が「どうだ!」と言わんばかりの表情で両拳を突き上げた。残酷という二文字が思い浮かぶほどの無慈悲なKO劇に1万7000人の観衆が沸きに沸いた。

 2年7カ月前、同じさいたまスーパーアリーナで行われたノニト・ドネアとのWBSSトーナメント決勝は、井上がフルラウンドの激闘の末に判定勝ち。これを受けての再戦も前回同様“モンスター”井上の有利が伝えられていたとはいえ、ここまで戦慄を覚えるほどのパフォーマンスをだれが予想しただろうか。試合翌日、本人が単独インタビューに応じてくれた。

――注目の3団体統一戦、ドネア選手との再戦は圧勝という結果に終わりました。昨年12月のアラン・ディパエン戦では少し集中力がなかったと話していましたが?

「ディパエン戦ではリングに上がった瞬間、会場の様子が奥のほうまで見えるほど視界が広くてちょっとマズいなと思ったんですが、今回はまったく違いましたね。視界はギューッと狭かったですよ。集中力は高かったですね」

――開始早々、ドネアの左フックをもらって緊張感が高まったと試合直後に明かしましたが、そんなにヒットしているようには見えませんでした。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 6485文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連記事

井上尚弥
ノニト・ドネア
アラン・ディパエン
ジェイソン・マロニー
マイケル・ダスマリナス
ポール・バトラー
八重樫東

ボクシングの前後の記事

ページトップ