SCORE CARDBACK NUMBER

円安と有力プロモーターを味方に、京口紘人が挑む「最高の舞台」。

posted2022/06/10 07:00

 
円安と有力プロモーターを味方に、京口紘人が挑む「最高の舞台」。<Number Web> photograph by AFLO

YouTubeの登録者数は現役選手随一の17万人超え。防衛成功でWBC王者寺地拳四朗との統一戦にも期待が高まる

text by

前田衷

前田衷Makoto Maeda

PROFILE

photograph by

AFLO

 世界タイトル獲得は多くのボクサーにとってはゴールのはずだが、近年は「これでやっとスタートラインに立てた……」と受け止めるチャンピオンが少なくない。

 これもチャンピオンが激増してその希少価値が落ち、肩書に相応しい報酬と名声を得にくくなったからである。世界のベルトを手にすれば引退時にはひと財産残せたのも、はるか昔の話。日本の現役世界王者は村田諒太が負けて7人になったが、あえて言えば、村田と井上尚弥、井岡一翔と今のボクシングを代表する3人以外はみな現状に欲求不満を抱いているのではあるまいか。

 それは6月10日(日本時間11日)メキシコ・グアダラハラで自ら保持するWBA世界ライトフライ級のスーパー王座を懸けて正規王者エステバン・ベルムデスと統一戦を行う京口紘人とて例外ではない。プロ転向後15戦全勝10KO。2017年にミニマム級で初めて世界王座につき、以来7度の世界戦をこなし、2階級制覇達成と、実績も申し分ない。積極果敢な試合スタイルも観客を退屈させるものではなく、もっと名声を上げてもおかしくない選手である。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 468文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連記事

京口紘人

ボクシングの前後の記事

ページトップ