Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

[ICHIROを語ろう]菊池雄星「ハグされて“頑張れよ”が忘れられなくて」

posted2022/04/15 07:02

 
[ICHIROを語ろう]菊池雄星「ハグされて“頑張れよ”が忘れられなくて」<Number Web> photograph by Getty Images

text by

笹田幸嗣

笹田幸嗣Koji Sasada

PROFILE

photograph by

Getty Images

小3で生観戦して以来、ずっと追い続けてきた51の背中。マリナーズで初対面を果たし3年間にわたって間近で英雄を目の当たりにしてきた男が明かす珠玉の言動の数々。

――イチローさんとの最初の出会いは雄星さんが小学生の頃と聞きました。

「多分、小学校3年生です。僕が野球を始めた2000年に公式戦で岩手に来られた。ダイエー(現ソフトバンク)戦でした。僕も含めて球場にいる9割くらいは背番号51のユニフォームを着て、サングラスをかけている人もいました。選手のみなさんは、ファーストベンチサイドでアップをしていたんですけど、イチローさんだけが外野で走っていた。その姿がかっこよくて。チームに入らず、ひとりで淡々とやられている。そこにかっこよさを感じました。カメラ片手に写真ばっかり撮っていました」

――雄星さんは高校時代、岩手の怪物と呼ばれていました。イチローさんから影響を受けたことはありましたか。

「'08年だと思うんですけど、僕が高校1年の時にNHKの『プロフェッショナル』という番組でカレーを毎日食べているのを見たんです。両親にDVDに焼いてもらって、毎日のように寮の部屋で見ていました。思いましたね。カレーを食べればうまくなるのかなって(笑)。そんなに甘くはないのに。あとは『神様は細部に宿る』という言葉があったんです。イチローさんの言葉として寮の部屋に貼っていたのを覚えています」

――そのイチローさんに初めてお会いしたのが'19年1月。シアトルで行なわれた雄星さんのマリナーズ入団会見のときだったと思います。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 1604文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連記事

イチロー
菊池雄星
シアトル・マリナーズ

MLBの前後の記事

ページトップ