Number on NumberBACK NUMBER

マスターズ連覇の難しさ

posted2022/04/06 07:00

 
マスターズ連覇の難しさ<Number Web> photograph by Getty Images

マスターズ前週のツアーを首痛のため途中棄権した松山英樹だが、4月3日、オーガスタ入りした。前回王者として、公式会見やディナーにも出席する

text by

小川勝

小川勝Masaru Ogawa

PROFILE

photograph by

Getty Images

 ゴルフのマスターズが4月7日に開幕するが、松山英樹は前年の優勝者として、過去になかった注目の中でプレーすることになるはずだ。ゴルフのメジャー大会はマスターズのあと、5月の全米プロゴルフ選手権、6月の全米オープン、7月の全英オープンと開催されるが、松山にとって優勝して出場するマスターズは、これまでにない意味を持つトーナメントに違いないのだ。

 2022年に関して言えば、マスターズで連覇を果たす可能性を持っているのは松山だけだ。マスターズを連覇するということが、どれくらい厳しいものなのか、歴史を振り返りながら考えてみよう。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 1715文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連記事

松山英樹
ジャック・ニクラウス
ニック・ファルド
タイガー・ウッズ

男子ゴルフの前後の記事

ページトップ