SCORE CARDBACK NUMBER

重賞戦線で苦戦のルメールが中東で示した圧倒的な存在感。

posted2022/03/20 07:00

 
重賞戦線で苦戦のルメールが中東で示した圧倒的な存在感。<Number Web> photograph by AFLO

レッドシーターフハンデを制したステイフーリッシュ。初の60kgハンデの中、'18年GII京都新聞杯以来の勝利

text by

片山良三

片山良三Ryozo Katayama

PROFILE

photograph by

AFLO

 クリストフ・ルメール騎手(42)の年初は、順調とは言いづらい状況だった。勝ち鞍はそれなりに上がっていたものの、2月末まで重賞未勝利だったのは彼にとって異常事態。今年最初のGI、フェブラリーSで10番人気のテオレーマに騎乗して14着。しかも、勝ち馬が過去6戦続けて手綱を取っていたカフェファラオだったことも、今シーズンを象徴しているように見えた。一番強い馬に乗っているのがルメール、という常識が今年は通用しないぞと、ファンも感じていたはずだ。

 サウジカップデー(現地時間2月26日、サウジアラビア王国、キングアブドゥルアジーズ競馬場)が、ルメールの身辺に漂っていた悪い流れを一気に振り払った。重賞4勝の離れ業。全て日本馬に騎乗しての快挙は内外に大きなインパクトを与えた。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 588文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連記事

クリストフ・ルメール
ソングライン
ステイフーリッシュ
ダンシングプリンス

競馬の前後の記事

ページトップ