SCORE CARDBACK NUMBER

厳しい船出のリーグワンで2人の木村が取り組む社会発信。

posted2022/03/04 07:00

 
厳しい船出のリーグワンで2人の木村が取り組む社会発信。<Number Web> photograph by Nobuhiko Otomo

試合は花園に22-67で敗れたが、オレンジ色の靴紐をつけた日野LO木村勇は6分、52分にトライをマークした

text by

大友信彦

大友信彦Nobuhiko Otomo

PROFILE

photograph by

Nobuhiko Otomo

 2月6日、リーグワン第5節のレッドハリケーンズ戦に、東京サンゴリアスの木村貴大(たかひろ)はオレンジのリストバンドを手首に巻いてピッチに立った。東福岡高時代は花園3連覇、高校日本代表主将、筑波大、豊田自動織機を経てNZで武者修行を積み、練習生からサンウルブズ入りも果たしたさすらいのSHは、昨季在籍したコカ・コーラの解散後に国内外のスターが集まるサンゴリアスに入団。開幕前の肩の骨折も乗り越え、この日リザーブからリーグワンデビューを飾った。

 特別な試合で身につけたオレンジ色は、骨髄バンクへの登録を呼びかけるメッセージカラーだった。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 658文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連記事

木村貴大
東京サントリーサンゴリアス
木村勇大
日野レッドドルフィンズ

ラグビーの前後の記事

ページトップ