箱根駅伝PRESSBACK NUMBER

「『箱根駅伝をやってきたからです』と答えられる大人になりたい」“3区職人”遠藤大地はなぜ実業団ではなく就職を選んだのか? 

text by

和田悟志

和田悟志Satoshi Wada

PROFILE

photograph byJIJI PRESS

posted2022/01/27 11:05

「『箱根駅伝をやってきたからです』と答えられる大人になりたい」“3区職人”遠藤大地はなぜ実業団ではなく就職を選んだのか?<Number Web> photograph by JIJI PRESS

4年連続で箱根駅伝の3区を走った帝京大の遠藤大地。大学ランナーの実力者はなぜ実業団ではなく就職を選んだのか?

 18.5kmで駒澤大に追いついて3位に浮上したが、先頭争いをしていた青山学院大の太田蒼生と、東京国際大の丹所健には離された。区間4位の力走も、結局、最後も区間賞には届かず。日本人最高記録も塗り替えられた。

「力は出し切ったと思うんですけど、実力が足りなかった。区間賞も取れなかったですし、先頭に立つこともできませんでしたから。そういう部分では悔しさは残ります。でも、やれることはやったかなと思います」

 重圧からも解放され、走り終えた直後は「ほっとしたっていうのが一番ですね」と言う。これが遠藤大地のラストランだった。

「箱根駅伝をやってきたからです」と答えられるような大人に

 チームは総合9位と、目標の3位に届かなかった。

「4年間駅伝の目標を達成したことがなかったので、最後の年は達成したかった」

 ちょっぴり後悔は残したかもしれない。それでも、往路は過去最高の2位と健闘。そして、連続シード権も、チーム史上最長となる5年に伸ばした。

「(シード権を取って)後輩に繋げられたのは、最低限、良かったかなと思います。

 本当に、チームメイトにも恵まれて、たくさんの人に支えられた4年間でした。競技をやっているときはつらいこともあったんですけど、振り返れば、幸せな4年間だったなと感じています」

 4年間は誇りに思っていい。遠藤は、多くの人々の記憶に残る“箱根ランナー”だったのだから。

「目標に向かって努力することができる力は、陸上競技で育まれたと思う。それは、仕事が始まっても、持ち続けていきたいです。陸上で得たものを生かしながら、目標を立てて、それに向かって努力していけたらと思います。

 監督が常におっしゃっていたことでもあるんですけど、箱根駅伝を走ったことが話題として先行するのではなく、『なんでそんなに頑張れるんだ?』と聞かれた時に、『箱根駅伝をやってきたからです』と答えられるような大人になっていきたいと思っています」

 新しい世界に足を踏み入れても、箱根駅伝を目指し全力で駆け抜けた4年間は決して無駄ではなかった――そのことを一番理解しているのは、遠藤自身。それを証明してみせる人生がこれから始まる。

#1から読む無名の高校生が“箱根駅伝の名物ランナー”に…帝京エース・遠藤大地が明かす本音「もっと突き抜けたかった。もっと強い選手になりたかった」

関連記事

BACK 1 2 3
遠藤大地
齋康浩
中野孝行
帝京大学

陸上の前後の記事

ページトップ