SCORE CARDBACK NUMBER

オカダへのアピールから1年半。ノア清宮海斗の雄叫びが見たい。

posted2022/01/07 07:00

 
オカダへのアピールから1年半。ノア清宮海斗の雄叫びが見たい。<Number Web> photograph by AFLO

'21年の「N-1 VICTORY」では長いスランプを抜け出してベスト4に進出した清宮。新日本との対抗戦で飛躍なるか

text by

門馬忠雄

門馬忠雄Tadao Monma

PROFILE

photograph by

AFLO

 寅年の新春マットは、各団体の果敢なビッグイベントの連発である。ノアによる元日の東京・日本武道館大会を皮切りに、新日本が1月4&5日に恒例の東京ドーム興行。そして注目を集めたのが8日、横浜アリーナでの新日本vs.ノアの対抗戦だ。

 カードは棚橋弘至&オカダ・カズチカ組(新日本)vs.武藤敬司&清宮海斗組(ノア)のタッグマッチ。さらにはユニット対決として、ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンの内藤哲也、鷹木信吾、SANADA、高橋ヒロム、BUSHI組(新日本)vs.金剛の拳王、中嶋勝彦、征矢学、タダスケ、亜烈破組(ノア)の10人タッグマッチが軸となった。ただ、シングル戦は1試合のみ。タッグ戦ばかりで、やや緊張感に欠ける総花的な対抗戦になった印象は否めない。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 582文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連記事

プロレスリング・ノア
清宮海斗
オカダ・カズチカ

プロレスの前後の記事

ページトップ