ラストマッチBACK NUMBER

<現役最終戦に秘めた思い(23)>荒木絵里香「勝ってみんなと写真を撮りたかった」

posted2021/12/15 07:01

 
<現役最終戦に秘めた思い(23)>荒木絵里香「勝ってみんなと写真を撮りたかった」<Number Web> photograph by KYODO

ドミニカ戦後の集合写真。経験豊富な主将としてチームを牽引したが、決勝トーナメント進出ならず

text by

鈴木忠平

鈴木忠平Tadahira Suzuki

PROFILE

photograph by

KYODO

36歳のキャプテンは、悲壮なる覚悟を抱いていた。東京五輪で引退するから、負けたらこれが最後――。そして運命の予選リーグ最終戦のコートに立った。

2021.8.2
東京五輪 女子バレーボール
予選リーグ A組 第5戦
成績
日本 1-3 ドミニカ共和国(10-25、23-25、25-19、19-25)

   ◇

 東京オリンピックが終わって、ひと月が経っても荒木絵里香は自分を直視する気になれなかった。ドミニカ共和国との予選リーグ最終戦、これが26年に及ぶ現役生活の最後のゲームだったことは事実だが、どこかで振り返ることを拒絶していた。それだけ心に痛みが残っていた。

 その試合のことを語る。今回の取材の前の晩になって、荒木はようやくビデオのリモコンを手に取った。

「ひとりで見なくていいから。一緒に見よう」

 母の声に背中を押されて、恐る恐るあの日と向き合った。画面の中に見たのは、かつて目にしたことのない自分とチームメイトの姿だった。

《自分もみんなも、こんな表情でプレーしていたんだ、と驚きました。ひどい顔していましたから……。こんなはずじゃないという思いが顔に滲み出ていました》

 2021年8月2日は、日本女子バレー代表にとって重要な日となった。勝てば決勝トーナメント進出、負ければ予選敗退。天国か地獄かを決する日だった。

 東京・晴海の選手村、日の丸を背負った12人は重圧を抱えていた。その中でも、36歳の主将・荒木の心情はおそらく誰より重く、誰とも異なるものだった。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 4021文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連記事

荒木絵里香
古賀紗理那
東京五輪
オリンピック・パラリンピック

バレーボールの前後の記事

ページトップ