プロ野球PRESSBACK NUMBER

「いつもちかくでみていました」“現役28年大ベテラン”つば九郎が選ぶ「53歳高津臣吾監督はここがすごい!」ベスト3《日本一のウラ話》 

text by

佐藤春佳

佐藤春佳Haruka Sato

PROFILE

photograph byNanae Suzuki

posted2021/12/06 11:01

「いつもちかくでみていました」“現役28年大ベテラン”つば九郎が選ぶ「53歳高津臣吾監督はここがすごい!」ベスト3《日本一のウラ話》<Number Web> photograph by Nanae Suzuki

20年ぶりの日本一に輝いた東京ヤクルトスワローズ。現役28年の大ベテラン・つば九郎が見た「高津監督の凄さ」とは?

 神宮での試合前恒例のつば九郎の“カンペ芸”も常にチェックして時にダメ出しをくれるという高津監督。試合前練習中の場内の曲はつば九郎が選ぶことが多いが、これもよく聞いて楽しんでいるのだとか。つば九郎が高津監督をはじめコーチ陣のためによく選んでいたのは、昭和の歌謡曲や、バンドブーム時代の名曲など。

「かんとくはうれしそう。でもむらかみくんは、なんだこれ?ってきょとん。そういえば、まだ“だいとかい”を、ながしてないです。かんとく~、ゆうしょうしたら、うたう、って いってましたよね!」

 高津監督が現役時代に持ちネタにしていた、クリスタルキング「大都会」を神宮で熱唱する日がついに来る?!

その3)「おんとおふの~きりかえ~」

「げんえきじだいも、いまも、おんとおふのすいっちのきりかえが、ごいす~。ふだんはたのしくすごしても、せんとうもーどに、はいると、たたかうおとこにだいへんしん」

 現役時代の高津監督はリリーフだったため、本拠地での試合中に接する機会は余りなかったが、地方球場などではよく、同じ控室を使っていたという。

「しあいがはじまっても、もにたーをみながら、くいずをだしあったり、りらっくすもーど。ごかいになると、いつのまにかいなくなる。まっさーじをうけて、ぶるぺんにはいって、そこからしゅうちゅう」

 抑えのポジションはいつ出番があるか分からないが、常に準備は欠かせない。だからこそ現役時代の高津監督は、試合中盤まではなるべくリラックスした状態で過ごし、そこからスイッチを入れていくルーティンを大切にしていた。

「りりーふのきもちがわかるから、うしろでなげるせんしゅに、りすぺくとをもっている。 まくがふ、しみずくん、いしやまくん。いしのそつう、しんらいかんが、すごいなって、おもってみていました」

 つば九郎には、「おふのぼす」との約束がある。「ゆうしょうしたら~ぱとろーるにつれていってください」というおねだりに、高津監督は「好きなだけ飲め! ビール10杯な」と答えていたというが、実際に日本一が決まると「バケツで10杯だぞ!」と上方修正してくれたそう。

「いつでもおまちしていま~す。あざぶじゅうばんほうめんに~ばけつもって~たっていればいいかな~?」

《選手編「「かつおくんのしょうりは、みんなのよろこび」つば九郎が明かす“2021年のヤクルトが最高!だった”5つの優勝秘話」に続く》

#2に続く「かつおくんのしょうりは、みんなのよろこび」つば九郎が明かす“2021年のヤクルトが最高!だった”5つの優勝秘話

記事内で紹介できなかった写真が多数ございます。こちらよりぜひご覧ください。

関連記事

BACK 1 2 3
東京ヤクルトスワローズ
高津臣吾
つば九郎

プロ野球の前後の記事

ページトップ