新刊ドラフト会議BACK NUMBER

『プロ野球「経営」全史 球団オーナー55社の興亡』重厚なプロ野球経営史が展開する誠実な調査と、見事な“オチ”。 

text by

山田隆道

山田隆道Takamichi Yamada

PROFILE

photograph bySports Graphic Number

posted2021/11/16 07:00

『プロ野球「経営」全史 球団オーナー55社の興亡』重厚なプロ野球経営史が展開する誠実な調査と、見事な“オチ”。<Number Web> photograph by Sports Graphic Number

『プロ野球「経営」全史 球団オーナー55社の興亡』中川右介著 日本実業出版社 1980円

 日本のプロ野球史を親会社の興亡や変遷の視点で描いた本書は、これまで私が低い解像度のまま漠然と理解したつもりになっていたプロ野球の成り立ちをより鮮明に映し出してくれた。

 1936年に日本初のプロ野球リーグとして発足した「日本職業野球連盟」に加盟した最初の7球団は、親会社の業種で分けると鉄道が3、新聞が4。当時の日本では交通と情報こそが国家の根幹を支える事業であったことがうかがえるわけだが、肝心のその経緯と背景――明治時代のベースボール伝来から始まる野球と産業の流れについても、丁寧な調査をもとに精緻に描かれているところが本書の誠実さだ。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 751文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連記事

プロ野球の前後の記事

ページトップ