SCORE CARDBACK NUMBER

「トップ10にまず入りたい」プロ転向、独自スタイルの18歳。

posted2021/11/11 07:00

 
「トップ10にまず入りたい」プロ転向、独自スタイルの18歳。<Number Web> photograph by Hiromasa Mano

今季は下部ツアーを主戦場としつつシンガポールとマイアミの本戦に出場。自己最高位は391位(10月末現在)

text by

秋山英宏

秋山英宏Hidehiro Akiyama

PROFILE

photograph by

Hiromasa Mano

 18歳の望月慎太郎がプロに転向した。2年前、16歳でウィンブルドンジュニアを制し、その後、IMGアカデミーの先輩錦織圭も届かなかったジュニア世界ランク1位の座についた。昨年からプロの下部ツアーに活動の場を移し、最新のATPランキングは393位。昨年末の631位から大きく順位を上げた。18歳以下の選手に限れば、スペインの神童カルロス・アルカラス(42位)らに次ぐ3番手だ。昨年からのコロナ禍で活動は制限されたが、ジュニアからの移行は順調だ。

 リモートで行なわれたプロ転向会見では「トップ10にまず入りたい」と目標を掲げた。「まず」と言うからには続きがありそうだが、それ以上は口にしなかった。代わりに、2年前のウィンブルドンで「(自己最高4位の)錦織選手を抜きたい」と宣言したことを記しておく。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 571文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連記事

望月慎太郎

テニスの前後の記事

ページトップ