丸ちゃんのGreen TalkBACK NUMBER

松山がマスターズのドライバーを封印した理由。

posted2021/10/02 07:01

 
松山がマスターズのドライバーを封印した理由。<Number Web> photograph by Getty Images

最終戦の2週後、『フォーティネット選手権』で松山は早くも新シーズンをスタート

text by

丸山茂樹

丸山茂樹Shigeki Maruyama

PROFILE

photograph by

Getty Images

 松山英樹の2020-'21年シーズンが終わりました。おそらく彼にとっては不本意なシーズンだったでしょうね。4月にマスターズ優勝という歴史的快挙を成し遂げたのに一体どうしてだと思いますか?

 平均ストロークやパーオン率の数字は落ちていますし、何よりトップ10入りの回数が2回しかありませんでした。4位だった東京五輪を含めても3回。これは英樹がPGAツアーメンバーとなって8シーズン目で一番少ない数字です。マスターズという大魚は釣り上げましたが、選手の立場で考えるなら、トップ10やトップ5でゴルフができていないと、もう勝てないんじゃないかと後ろ向きな考えが出てきてしまうものです。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 1137文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連記事

松山英樹
丸山茂樹
東京五輪
オリンピック・パラリンピック

男子ゴルフの前後の記事

ページトップ