SCORE CARDBACK NUMBER

新日本、夏の危機を救った棚橋弘至の勇気と職人芸。

posted2021/09/17 07:00

 
新日本、夏の危機を救った棚橋弘至の勇気と職人芸。<Number Web> photograph by Getty Images

敗れたものの、急遽出場した東京ドームのメインで激闘を演じた棚橋。勝った鷹木も「さすがはエース」と称賛

text by

門馬忠雄

門馬忠雄Tadao Monma

PROFILE

photograph by

Getty Images

 この夏も感染症の嵐が吹き荒れた中、獅子奮迅の活躍を見せたのが新日本の看板・棚橋弘至だ。44歳。まだ錆びついてはいなかった。

 延期開催となった7月25日の東京ドーム大会。メインは王者・鷹木信悟vs.挑戦者・飯伏幸太のIWGP世界ヘビー級選手権試合となるはずだった。ところが大会を目前にして、飯伏の誤嚥性肺炎が判明。欠場する羽目になった。

 慌てたのはフロントと現場だ。大ピンチの中、7月24日の名古屋大会で「準備できてまーす!」と、翌日のメイン出陣に名乗り出たのが棚橋だった。その機転と勇気が新日本の危機を救った。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 636文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連記事

新日本プロレス
棚橋弘至

プロレスの前後の記事

ページトップ