SCORE CARDBACK NUMBER

ファンが契約更新を喜んだラプターズ凄腕社長の野望とビジョン。

posted2021/09/16 07:00

 
ファンが契約更新を喜んだラプターズ凄腕社長の野望とビジョン。<Number Web> photograph by AFLO

2013年からラプターズを率いるウジリ。'19年にはアメリカ国外のチーム初となるNBA優勝も成し遂げている

text by

宮地陽子

宮地陽子Yoko Miyaji

PROFILE

photograph by

AFLO

 この夏、ラプターズのファンが失うことを恐れていたフリーエージェントがひとりいた。

 といっても、9季所属したラプターズを離れてヒートに移籍したカイル・ラウリーではない。ラウリーもファンから愛されていたが、チームが若返りを進めるなかで、35歳のベテランが優勝を狙えるチームに移籍するのは自然な流れだった。

 失いたくなかったのは球団社長のマサイ・ウジリ。2年前の優勝チームを作った功労者だ。大きな野望とビジョンを持ち、3年前にカワイ・レナード獲得のトレードを決めたように、必要なときには思い切った決断を下すことができる。人をひきつけるカリスマ性も備えたリーダーだ。他チームや他業界からも注目され、今夏に契約が切れるにあたって、1年以上前から去就が話題となっていた。それだけに、8月に入ってラプターズとの契約更新が発表されると、ファンは胸をなでおろした。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 529文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連記事

トロント・ラプターズ
マサイ・ウジリ

バスケットボールの前後の記事

ページトップ