Beyond The GameBACK NUMBER

「また、こいよ」の捨てがたき郷愁。

posted2021/09/13 07:00

 
「また、こいよ」の捨てがたき郷愁。<Number Web> photograph by Hideki Sugiyama

“智弁対決”となった今夏の甲子園決勝を制したのは智弁和歌山だった

text by

藤島大

藤島大Dai Fujishima

PROFILE

photograph by

Hideki Sugiyama

 327対1。なんたる大差よ。

「スコア」だけ切り取るなら白黒はついている。数の少ない側の圧勝である。

 夏の甲子園の決勝。開始前、さりげなくNHKの中継がデータを示した。

 智弁学園の先発、西村王雅のこの大会におけるここまでの球数は「327」である。3試合で24回を投げた。

 かたや智弁学園和歌山の先発、伊藤大稀はなんと「1」だ。

 えっ、1球ですか。叫びはしないが驚いた。

 3回戦の9回、2点先行の2死一、二塁で救援登板、最初の投球で内野ゴロに仕留めた。

 結果として真紅の優勝旗をつかんだ智弁和歌山はもともと2回戦からの登場で、そこに不戦勝が重なった。準決勝を終えて3試合しか戦っていない(奈良の智弁は5試合)。総勢5人もの好投手を擁するチームなら「そこまで1球」もありえた。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 883文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

大谷翔平 旋風を超えて。

Sports Graphic Number 1035

大谷翔平 旋風を超えて。

 

関連記事

智弁和歌山高校
智弁学園高校
大野倫
長崎商業高校

高校野球の前後の記事

ページトップ