Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

[“師匠”が語る]プホルス「今が本当のアイツの姿なんだ」

posted2021/09/10 07:03

 
[“師匠”が語る]プホルス「今が本当のアイツの姿なんだ」<Number Web> photograph by AFLO

8月6日、ドジャースタジアムでの試合前には、打ち解けた様子で再会の挨拶をかわす2人の姿があった

text by

マイク・ディジオバンナ

マイク・ディジオバンナMike DiGiovanna(LA Times)

PROFILE

photograph by

AFLO

ゼロ年代最高の打者として君臨した“ザ・マシーン”プホルスは、5月に移籍するまでデビュー以来の大谷を間近で見てきた存在だ。躍進する愛弟子の素顔や盟友イチローとの違いなど、大いに語った。

 いつの時代も、どの世界でも、「世代交代」の時はやって来る。たとえ現実は残酷でも、目を背けるわけにはいかない。

 現役メジャー最高の強打者、アルバート・プホルスは、優しい笑みを絶やすことなく、今となっては、かつての同僚となった大谷翔平の成長過程について、丁寧に言葉をつないだ。41歳となった今年5月、エンゼルスからドジャースへ電撃移籍し、大谷らとは別の道を歩む決断を下した。不動のDHとなった大谷、一塁手ジャレッド・ウォルシュの台頭もあり、自らプレー機会を求めた結果だった。

 客観的な事実だけを捉えれば、全盛期を過ぎたベテランが、若い力に追われた形なのかもしれない。だが、通算3000本安打、2000打点、650本塁打をクリアし、将来の野球殿堂入りが確実視される球界の至宝は、時代の変遷をしっかりと見つめ、現実を受け入れていた。

「ショーヘイが今年ブレークしたのは、彼がより気分良く感じられているのが理由だと思う。彼は異国からやって来て、文化を受け入れてきたわけだが、おそらく最初の数年間はとても難しかっただろう。特に、彼にとって英語は第二言語だしね」

 ドミニカ共和国出身のプホルス自身も、カージナルスに在籍していた2001年、異国の地・米国でデビューした。同じように海を越えてきた大谷の苦労は、想像するまでもない。しかも、過去数年は故障と向き合う姿を、同じクラブハウス内でつぶさに見てきた。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 3438文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

大谷翔平 旋風を超えて。

Sports Graphic Number 1035

大谷翔平 旋風を超えて。

 

関連記事

アルバート・プホルス
大谷翔平
ロサンゼルス・エンゼルス
イチロー

MLBの前後の記事

ページトップ