Number on NumberBACK NUMBER

A・プホルスの大記録 ~2020年削減シーズン60試合の影響~

posted2020/11/28 08:00

 
A・プホルスの大記録 ~2020年削減シーズン60試合の影響~<Number Web> photograph by Getty Images

MLB公式サイトは今年5月、「21世紀最高の選手」にプホルスを選出したことを発表した

text by

小川勝

小川勝Masaru Ogawa

PROFILE

photograph by

Getty Images

 米大リーグの試合数が2020年に限って60試合に削減されたことは、個人の記録に関しては大きな影響を与えた。新型コロナウイルス感染症の拡大というやむを得ない事情があったわけだが、通算の記録に関しては、過去に選手会のストライキで試合数が減ってしまったときなどと同様に、記録を見る場合、注釈をつけながら、見ていくことが重要になりそうだ。1981年のストライキのときには、球団によって試合数にばらつきがあったが、少ないチームは103試合程度だった。だが'20年のように、60試合というのはかつてなかったことで、通常の162試合より102試合の削減ということだったから、安打、本塁打、打点といった記録において、すべてのプレーヤーが大きく足踏みすることになったと言える。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 1791文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

NBA, The Great Legacy 1990-2020八村塁とスーパースターの時代
ロサンゼルス・エンゼルス
アルバート・プホルス

MLBの前後の記事

ページトップ