プロ野球PRESSBACK NUMBER

「いつだって震えている」ロッテ田村龍弘は”信頼”をどう積み重ねてきたのか? キャッチャーという過酷な仕事のウラ側

posted2021/08/14 11:02

 
「いつだって震えている」ロッテ田村龍弘は”信頼”をどう積み重ねてきたのか? キャッチャーという過酷な仕事のウラ側<Number Web> photograph by Sankei Shimbun

3月28日、プロ初登板となった鈴木昭汰(左)に声をかける田村龍弘。今年で27歳、今や若手投手に頼られる場面も増えてきた

text by

梶原紀章

梶原紀章Noriaki Kajiwara

PROFILE

photograph by

Sankei Shimbun

 捕手は難しいポジションだ。グラウンドの司令塔として投手をリードし、それはチームの勝敗に直結する。ゆえに受けるプレッシャーは並大抵のものではない。肉体的にも精神的にも辛く過酷である。

 千葉ロッテマリーンズの田村龍弘捕手は言う。

「独特の緊張感。痺れるし、震える。それは開幕戦でもシーズン中のどの1試合でも同じ。いつだって震えている。本当に難しいです」

 2021年、マリーンズは開幕早々2戦目と3戦目に2試合連続サヨナラ負けを喫した。いずれも絶対的守護神・益田直也が打たれての痛い敗戦だった。

「終盤に逆転されて負ける試合は悔しいし、ダメージも大きい。ただ捕手としては引きずるのではなくて、反省をしたら次に切り替えていかないといけない。長いペナントレースは常に切り替え。捕手がいつまでも引きずっているようだとやられる。

 もちろん、そういう試合の次の日はいつも以上に緊張するし難しいけど、捕手以上に打たれた投手はもっとそういう気持ちでいるはず。だからこそ、こちらはどっしりと構えていないといけないと思う。でも、本音はやっぱり、やられた次のゲームが一番緊張するし、震える」

 太々しい外見からすると緊張など、どこ吹く風のごとく振舞っているように見えるが内面は繊細な若者だ。

 マスクを被ると誰よりも緊張し、負ければ1人で責任を背負い込み、悩み落ち込む。サヨナラ負けをしてベンチで人目はばかることなく、涙を流したこともあった。

 そんな日々が積み重なり、今の捕手・田村を作っている。

【次ページ】 投手とのコミュニケーション

1 2 3 4 NEXT
千葉ロッテマリーンズ
田村龍弘
益田直也

プロ野球の前後の記事

ページトップ