審判だけが知っているBACK NUMBER

<私が裁いた名勝負>試合開始からの奇襲7人攻撃には驚いた。 

text by

田口有史

田口有史Yukihito Taguchi

PROFILE

posted2021/08/09 07:00

<私が裁いた名勝負>試合開始からの奇襲7人攻撃には驚いた。<Number Web>

左から池渕智一さん、檜崎潔さん

語り継がれる名勝負をその演者でもある、審判が振り返る。彼らしか知らない新たな景色が見えてくる。

2020年 第72回日本ハンドボール選手権 決勝
豊田合成 34対33 大崎電気
12月6日/岡山県総合グラウンド体育館

過去5年で3度優勝の大崎電気と2年ぶりの優勝を狙う豊田合成が対決。開始から7人攻撃を仕掛けた大崎がリードを奪い4点差で折り返す。だが奇襲に慣れた合成は隙を突いた速攻や、バラスケスらを軸にした猛攻で猛追。残り7秒で逆転し、最後のFTも防いで勝利した。

   ◇

「ハンドボールは身体接触も多く、白か黒かはっきりしないところもある。見る部分の受け渡しや判断の基準など、阿吽の呼吸が必要なので、審判は固定のペアですり合わせていかないといけません」(池渕智一)

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 1564文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

HEAT UP! TOKYO2020東京五輪 金メダル速報&後半戦プレビュー

関連記事

池渕智一
檜崎潔
大崎電気
豊田合成

他競技の前後の記事

ページトップ