Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

[打倒中国の青写真]張本智和「勝てる可能性はかなりある」

posted2021/07/16 07:02

 
[打倒中国の青写真]張本智和「勝てる可能性はかなりある」<Number Web> photograph by Xinhua/AFLO

text by

佐藤俊

佐藤俊Shun Sato

PROFILE

photograph by

Xinhua/AFLO

団体とシングルス両方で金メダルを狙う18歳にとって最大のライバルとなるのが世界最強の中国勢だ。彼らを倒せば、五輪の頂点も見えてくる。果たしてその秘策は、そして自信は――。日本の若きエースが決意を語る。

 世界一になりたい――。

 これまで世界選手権やワールドカップに出場する度に、その思いが募った。

「グランドファイナル(2018年)の優勝経験がありますけど、まだ大きな大会での世界一はないので、(東京五輪で)獲れたらいいなって思っています」

 目前に迫る東京五輪に向けて、張本智和はそう決意を語る。

 だが、東京五輪イヤーとなる今年のスタートは、厳しい現実を突きつけられた。

 優勝を狙った全日本卓球選手権はベスト8で敗退。前日3試合を戦い、最後の3試合目は4-3というフルゲーム、1時間17分という長丁場になった。ベスト8で負けた後、張本は「負けた悔しさよりも筋肉痛と疲れで今、喜怒哀楽を出せる感じではない」と疲労困憊の体でそう語った。複数試合を戦い、勝ち抜くだけの体力が不足していることを痛感した。張本はその反省を活かしてすぐにフィジカル強化に取り組んだ。

「全日本では体が思うように動かなかったので、まず体からと思って、特に下半身を意識してウエイトトレーニングで筋力をつけるようにしました」

 全日本時と最近の体を見比べると臀部が大きく、下肢が締まっているのが分かる。

 さらに技術にも磨きをかけた。

「全日本では得意のバックハンドが全然ダメで、相手にやられている部分が多かったんです。誰にも負けないバックハンドを打ちたいと思って練習をしました。具体的には今までは一撃で速いボールは打てたんですが、連続で打つことが少なかったんです。100%の一撃よりも80〜90%の威力でボールを連続して打てるようにしました」

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 2529文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連記事

張本智和
東京五輪
オリンピック・パラリンピック

卓球の前後の記事

ページトップ