SCORE CARDBACK NUMBER

付き人からノアのど真ん中へ。グリーンボーイ丸藤正道の記憶。

posted2021/07/07 07:00

 
付き人からノアのど真ん中へ。グリーンボーイ丸藤正道の記憶。<Number Web> photograph by AFLO

GHCヘビー級のベルトを奪還した丸藤は「自分も伸びしろのあるチャンピオンとして、これからやっていける」

text by

門馬忠雄

門馬忠雄Tadao Monma

PROFILE

photograph by

AFLO

 梅雨空が、プロレスリング・ノア本来の三沢グリーンの風を呼び込んだのだろうか?

 DDT、ノア、東京女子、ガンバレ☆プロレスの4団体による「Cyber Fight Festival 2021」が6月6日、さいたまスーパーアリーナで行われた。大会の焦点は、王者・武藤敬司vs.挑戦者・丸藤正道のGHCヘビー級選手権試合だった。

 試合は41歳の丸藤が、58歳・武藤の放った決死のムーンサルトプレスをカウント2ではね返し、耳をつかんでの「虎王・零(蹴りと膝のコンビネーション)」でフォール。23分30秒の劇的な逆転勝ちで、2015年12月23日以来4度目の王座に就き、ノアのど真ん中に立った。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 620文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連記事

プロレスリング・ノア
丸藤正道
三沢光晴

プロレスの前後の記事

ページトップ