SCORE CARDBACK NUMBER

大谷はHR競争&二刀流出場へ。オールスター“SHO-TIME”の現実味。

posted2021/07/06 08:00

 
大谷はHR競争&二刀流出場へ。オールスター“SHO-TIME”の現実味。<Number Web> photograph by Getty Images

6月20日のタイガース戦、同点に追いつく2ランを放ち、大谷はガッツポーズを見せる。本塁打王争いでも1位タイに

text by

四竈衛

四竈衛Mamoru Shikama

PROFILE

photograph by

Getty Images

 投打の「二刀流」で活躍を続けるエンゼルス大谷翔平が、今季のオールスターの前日に行われるホームランダービーに、日本人として初めて出場することを発表した。

「単純に日本人が出ているところを見てみたいなと。実際に自分が出られるなら出られるで、すごくワクワクしていますし、自分でも楽しみにしています」

 トーナメント方式で行われるダービーは、約3時間もの労力を要するため、過去数年、出場した選手が後半戦に調子を落とすケースも見られ、出場依頼を辞退する選手も少なくない。大谷自身、今季は二刀流でフル稼働していることもあり、しばらく考えたと言う一方で、最終的に「何事も経験してみないと分からない」と、自らの意思で決断した。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 579文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

大特集!「走る」。――日本最高のランナーは誰だ?

関連記事

大谷翔平
ロサンゼルス・エンゼルス

MLBの前後の記事

ページトップ