Sports Graphic NumberBACK NUMBER

藤浪晋太郎も「いい結果につながりました」阪神の“大阪のおばちゃん”ユニフォームが前々年比1.5倍売れている

posted2021/06/25 11:04

 
藤浪晋太郎も「いい結果につながりました」阪神の“大阪のおばちゃん”ユニフォームが前々年比1.5倍売れている<Number Web> photograph by Sankei Shimbun

4月16日のヤクルト戦、今年のウル虎ユニ姿でお立ち台に立つ藤浪晋太郎と小林慶祐。藤浪はこの日1450日ぶりの甲子園勝利に、飛距離131mの本塁打まで放った

text by

Number編集部

Number編集部Sports Graphic Number

PROFILE

photograph by

Sankei Shimbun

 6月17日の発売以降、大反響をいただき、売り切れ店続出。手に入れられなかった方々に大変ご迷惑をおかけしました「阪神タイガース特集 猛虎新風伝」。遅ればせながら、増刷した5万部が、早いお店では6月25日から店頭に並んでおります。
 佐藤輝明選手の大ブレイクと阪神のペナントレース快走で、本誌同様売れ行き好調といえば、「大阪のおばちゃんみたい」と評された今年の「ウル虎」ユニフォーム。上記特集から「『最強ウル虎』ユニも絶好調!」を特別に全文公開します!

「今日大阪のおばちゃんみたいなユニフォームを着ているんで、何とかしぶとくいってやろうと、しぶとい打撃をしてやろうと。それがいい結果につながりました」

 4月16日の阪神対ヤクルト戦。5回3分の2を3安打無失点、おまけに左中間席に特大ツーランまで叩き込んで、笑顔でヒーローインタビューに臨んだ藤浪晋太郎の胸には……、獰猛なトラが口を開けていた。

「2019年の1.5倍ほどの売上です」

 阪神タイガースが夏の時期に行う恒例のイベント「ウル虎の夏」のために作られる限定の企画ユニフォーム。今年そのデザインが発表されると、タイガースファンは大いにザワついた。前身ごろ一面にあしらわれた虎のプリント、背中には縦縞ならぬ横向きのリアルな虎縞、「大阪のおばちゃん」の評は、まさにぴったりと言えよう。

 そして意外にも(!?)このユニフォーム、お披露目以降阪神の首位快進撃と比例して、絶好調の売れ行きを見せているのだ。

「コロナ前の2019年と比較し、1.5倍ほどの売上です。19年は観客動員数も多く毎試合の来場者は4万人ほど。今年は入場制限もあり毎試合1万人を下回るなかでのこの数字は、好評をいただいているひとつの証と思っています」(営業担当者)

「今年のデザインが完成するまで3年かかりました」

 ウル虎ユニは13年に誕生。翌14年には阪神甲子園球場90周年にちなみ、外壁の蔦の色をイメージしたグリーンのユニフォームを発表。続く15年から、現在定番となっているイエロー主体のものが発表され、夏の甲子園を毎年、真っ黄色に染め上げている。

 近年は黄色が定番化したことで、かなりデザイン勝負の様相を呈してきていたという。そのなかで誕生した、ド派手な大阪のおばちゃんふうの今年のデザイン。実はこれまで同様のものが、何度もプレゼンされていたと担当者は明かす。

【次ページ】 「今年のデザインが完成するまで3年かかりました」

1 2 NEXT
阪神タイガース
藤浪晋太郎
小林慶祐
佐藤輝明
西岡剛

プロ野球の前後の記事

ページトップ