Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

フランス EURO2000「プティが語るレ・ブルーとジダンの輝き」~史上初の快挙の舞台裏~

posted2021/06/09 07:00

 
フランス EURO2000「プティが語るレ・ブルーとジダンの輝き」~史上初の快挙の舞台裏~<Number Web> photograph by Getty Images

text by

ヴァンサン・マシュノー

ヴァンサン・マシュノーVincent Machenaud

PROFILE

photograph by

Getty Images

W杯王者として史上初のEURO制覇に挑んだレ・ブルーは円熟期を迎えていた。同国史上類を見ないタレント集団の中で、寡黙な10番はボールをもつと雄弁で完璧なるマエストロとなった。優勝メンバーであるプティが伝説誕生への道程を回想する。

 EURO2000を制覇し2度目のヨーロッパチャンピオンに輝いたフランス代表は、同国サッカー史上最強チームのひとつである。このチームこそ最強と推す声も高い。'98年フランスW杯で初優勝したチームが、ほぼそのまま2年の齢を重ね、チームも選手個々も成熟した。'98年は20歳の若手だったティエリー・アンリとダビド・トレゼゲが中核に成長し、W杯ではナイーブさも見せたジネディーヌ・ジダンは全盛期を迎えようとしていた。エメ・ジャケの後を継いだロジェ・ルメールが率いたのは、フランスサッカー史上でも最も攻守のバランスが取れたチームだった。

 エマニュエル・プティもそのフランス代表のひとりである。ブラジルとのW杯決勝で3点目のゴールを決めたプティも、このとき29歳。彼にとって最後の大きな国際大会だった。現在はテレビのコメンテーターを務める傍ら執筆活動にも勤しみ、さらには最先端のテクノロジーを用いた新しいトレーニング方法の確立を目指すなど、精力的に活動を続けている。

 そのプティが、2000年のフランス代表を語った。自信と連帯感に溢れていたチームについて、名実ともに世界最高の選手となったジダンについて、実は病に悩まされていた自身について、そしてEURO2020に、同じく世界チャンピオンとして臨む現在の代表についても……。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 4847文字

ウェブ有料会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

レジェンドが語る欧州選手権ベストマッチEURO 1988-2020

海外サッカーの前後の記事

ページトップ