Beyond The GameBACK NUMBER

スポーツにおける「老境」とは?~苦しく恵まれた“老い”という特権~

posted2021/06/06 07:00

 
スポーツにおける「老境」とは?~苦しく恵まれた“老い”という特権~<Number Web> photograph by KYODO

5月23日、全米プロでメジャー最年長Vを果たしたミケルソン。大勢の観客がコースになだれ込む騒動も

text by

藤島大

藤島大Dai Fujishima

PROFILE

photograph by

KYODO

 初めて自分自身の年齢を強く意識した瞬間を覚えている。高校2年。もしかしたら3年。テレビで夏の甲子園大会をぼんやり眺めていた。どこかの誰かが打席に現われた。実況が学年を紹介する。それを耳にして「あっ年下がここにいる」という感覚に襲われた。

 兄でなく弟が大観衆の前でバットを構える。「俺はなにをしてるんだ」。そう発奮した人はビジネスで成功している。のちのスポーツライターは「なんか不思議」というあたりにとどまった。

 先日、ゴルフの全米プロ選手権を50歳11カ月7日のフィル・ミケルソンが制した。メジャー大会の最年長優勝記録。サングラスを外すと、目じりにしわがちゃんとあって、見る者をうれしくさせた。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 982文字

ウェブ有料会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

レジェンドが語る欧州選手権ベストマッチEURO 1988-2020

関連記事

フィル・ミケルソン
山賀敦之

男子ゴルフの前後の記事

ページトップ