SCORE CARDBACK NUMBER

王者の穴を埋める25歳の奮起。苦境で見いだした存在意義。~故障多発のレイカーズを支える貪欲さ~

posted2021/04/21 07:00

 
王者の穴を埋める25歳の奮起。苦境で見いだした存在意義。~故障多発のレイカーズを支える貪欲さ~<Number Web> photograph by Getty Images

レブロンら主力選手が怪我で戦線離脱するレイカーズにとって、クーズマの存在は欠かせないものになっている

text by

宮地陽子

宮地陽子Yoko Miyaji

PROFILE

photograph by

Getty Images

 昨季のチャンピオン、ロサンゼルス・レイカーズが思わぬ苦戦を強いられている。2月にアンソニー・デイビスがふくらはぎの故障で離脱したのに続き、3月20日にはレブロン・ジェームズが重度の捻挫を負った。デイビスが離脱した2月14日には21勝7敗だった成績も、その後の23試合は11勝12敗の負け越し。順位も西カンファレンス2位から5位(4月7日時点)まで落ちている。

 そんな苦境のなかで、チームを支えようとしている1人がカイル・クーズマだ。コービー・ブライアントが引退した直後のシーズンにレイカーズに加入。レブロンやデイビスの加入にともない、チーム構成が次々と変わっていくなかで、自分の役割を変え、周囲のベテラン選手たちから学びながら成長を続ける25歳だ。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 568文字

ウェブ有料会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

オリンピックの話をしよう。アスリート50人が語る東京五輪

関連記事

ロサンゼルス・レイカーズ
カイル・クーズマ

バスケットボールの前後の記事

ページトップ