Number Web MoreBACK NUMBER

【センバツ秘話】巨人・岡本和真は智弁学園3年時からモノが違った… 2本塁打の合間に見せた“優しいミート”とは 

text by

安倍昌彦

安倍昌彦Masahiko Abe

PROFILE

photograph byKyodo News

posted2021/03/21 17:03

【センバツ秘話】巨人・岡本和真は智弁学園3年時からモノが違った… 2本塁打の合間に見せた“優しいミート”とは<Number Web> photograph by Kyodo News

22歳ながら巨人の主砲へと成長した岡本和真。その打撃力は智弁学園時代から煌めいていた。

やれるかもしれないな……という予感の打席

 左腕相手にしつこく、しつこく、6本、7本と右方向へファールが続く。当てにいったファールは1つもない。ひと振りひと振り、腰の据わったフルスイングだったから、投手がどんどん苦しくなった。

 結果、ライトフェンスまであと1メートルほどのハーフライナーに終わったが、4番岡本和真は最後までインサイドアウトにこだわり続けた。

 やれるかもしれないな……そんな予感が湧いてきたのは、この時だ。

 あまり決めつけた言い方はしたくないが、人の上を行く人というのは、自分の姿を“端”から見られる人なのかもしれない。

 今季、東京ドームで目の当たりにした岡本和真のホームラン。

 ドームの天井に吸い込まれるように、高さをとったまま、なかなか落ちてこなかった。

 夜空をバックに見たかったなぁ……と思った。

 漆黒の夜空が似合いそうな、雄大な白球のアーチ。

 セ・リーグにも、久しぶりに“本物”のホームランバッターが生まれようとしている。

この記事の全文は「Number PREMIER」でお読みいただけます。
《バスケ日本代表》ベネズエラ戦、7分18秒の真実…「信じていますか?」トム・ホーバスに問われ続けた比江島慎と川真田紘也
《バスケ日本代表》ベネズエラ戦、7分18秒の真実…「信じていますか?」トム・ホーバスに問われ続けた比江島慎と川真田紘也
甦る死闘。 True Stories of 2023. - Number1086号 <表紙> 大谷翔平

Sports Graphic Number 1086
甦る死闘。
True Stories of 2023.

2023年12月7日発売
800円(税込)

Amazonで購入する

関連記事

BACK 1 2 3 4
岡本和真
読売ジャイアンツ
智弁学園高校
大田泰示

高校野球の前後の記事

ページトップ