Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

セナとプロスト、愛すべき二人がゆえに。~エンジニアが語る激闘の深層~

posted2021/03/11 07:00

 
セナとプロスト、愛すべき二人がゆえに。~エンジニアが語る激闘の深層~<Number Web> photograph by Getty Images

(左から)アイルトン・セナとアラン・プロスト。1989年3月、ブラジルのジャカレパグアサーキットにて

text by

大谷達也

大谷達也Tatsuya Otani

PROFILE

photograph by

Getty Images

F1史に残るスターが続々と誕生したあの時代、史上最強チームの危うい僚友対決は世界から注目された。当時、ふたりと接していたエンジニアたちの証言から、不可避だった戦いの根源にあったものが見えてくる。

 ひとりはブラジルからやってきた若きチャレンジャーで、もうひとりはモータースポーツの中枢ともいえるフランスで生まれ育ったチャンピオン経験者。ひとりは神がかった走りで人々を魅了すれば、もうひとりは冷静かつ無駄のない戦い方で勝利を積み重ねていく。そしてひとりは甘いマスクで“音速の貴公子”と呼ばれ、もうひとりはポーカーフェイスを貫く“プロフェッサー”として名を馳せた……。

 なにからなにまで対照的なアイルトン・セナとアラン・プロストは、'80年代終盤から'90年代初頭にかけて文字どおりの激闘を繰り広げた。ふたりの戦いは30年を経た現在も語り継がれるほど鮮烈かつ印象的なもので、F1ファンだけでなく世界中のモータースポーツ関係者をも分断するほどのインパクトを秘めていた。

 いまもモータースポーツ史に残るセナとプロストの対決とはいったいなんだったのか。当時のホンダF1関係者の新たな証言を交えながら、改めて振り返ってみたい。

 まずはふたりが火花を散らしあった背景について触れておこう。

 '55年の生まれのプロストが初めてカートに乗ったのは14歳のとき。そして23歳でフランスF3チャンピオンに輝くと、'80年にマクラーレンからF1デビューを果たす。ところが、あまりにトラブルが多いことに業を煮やしたプロストは1年限りでチームを飛び出してしまう。その後、ルノーで3シーズンを過ごすと、ロン・デニスが実権を握った新生マクラーレンに復帰し、'85年と'86年にTAGポルシェでタイトルを獲得する。ちなみにフランス人でF1チャンピオンに輝いたのはプロストが史上初。F1タイトルの連覇は26年振りの快挙だった。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 5105文字

ウェブ有料会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

アイルトン・セナ
アラン・プロスト
ホンダ
マクラーレン・ホンダ
ロン・デニス
後藤治
伊藤寿弘

F1の前後の記事

ページトップ