Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

原晋「箱根は勝つだけじゃつまらない」~巻頭インタビュー~

posted2020/12/17 07:00

 
原晋「箱根は勝つだけじゃつまらない」~巻頭インタビュー~<Number Web> photograph by Shunsuke Mizukami

(左から)ルーキーの佐藤一世、エースの吉田圭太、主将の神林勇太、原監督

text by

生島淳

生島淳Jun Ikushima

PROFILE

photograph by

Shunsuke Mizukami

他を圧倒する箱根路での実績、歯に衣着せぬ言葉の数々。時に敵を作りながらも、駅伝界をリードする異端の名将は、常にチームとは何か、組織とは何かを自問自答してきた。

 青山学院大学が本格的な強化を始めたのは、原晋監督を招聘した2004年のこと。就任5季目で箱根駅伝の舞台に復帰すると、'15年に初優勝。監督本人が「青学の良さはいい意味でのチャラさ」と公言するなど、青学大はこれまでのストイックな長距離界のイメージを変えてきた。この6年間で優勝は5度。安定した力を発揮する強さの秘密とはどこにあるのか。

――いよいよ箱根駅伝が迫ってきました。振り返ってみれば、母校でもない大学の監督を引き受けられたのは、世羅高の後輩が青学大OBで、その方が声を掛けてきたのがきっかけですよね。

「人の縁ですよ。私自身、陸上界から離れていましたが、どうせ引き受けるなら、これまでの陸上界の常識を変えるようなことをしたいという野心は持っていました」

――たしか、広島に一軒家を購入されたばかりで、奥さまと議論になったとか。

「そうそう、ローンも組んでの夢のマイホームだったのにね(笑)。でも、陸上界から忘れ去られた男が、もう一度勝負するという思いを抑えられなかった。そして'04年に監督になって、当初は10年計画を立てました。5年で箱根駅伝出場、10年以内にシード権を獲得する。そして10年目以降には優勝争いができるチームを作る。これを明確なビジョンとして掲げましたが、最初は必ずしもうまくいきませんでしたね」

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 5245文字

ウェブ有料会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

箱根駅伝 ベストチームを探せ!

Sports Graphic Number 1017

箱根駅伝 ベストチームを探せ!

 

原晋
青山学院大学

陸上の前後の記事

ページトップ