Sports Graphic Number MoreBACK NUMBER

<転身24年目>元SMAP森且行46歳、日本選手権初優勝 7年前に明かしていた「メンバーとの約束」 

text by

柳橋閑

柳橋閑Kan Yanagibashi

PROFILE

photograph byToshiya Kondo

posted2020/11/04 17:02

<転身24年目>元SMAP森且行46歳、日本選手権初優勝 7年前に明かしていた「メンバーとの約束」<Number Web> photograph by Toshiya Kondo

悲願の日本選手権制覇を成し遂げた森且行。数々の挫折を乗り越えて歩んできた

「選手としてはもう無理なのかな」

 専属のメカニックがいる他のモータースポーツと違い、選手自らマシンを整備しなければいけないのがオートレースの難しいところである。

「でも、それが楽しいんです。機械いじりはもともと好きだし、自分で作ったエンジンに、自分で乗って勝つのは最高ですよ。すべてが自分に返ってくる。それがオートレースの醍醐味なんです」

 エンジンの整備を極めるため、専門書を読みあさり、ひたすら“音”に耳を澄ませた。微妙なエンジン音の違いを聴き分けられるかどうかが、チューニングの鍵を握るからだ。

 自分なりの整備技術が確立されるにつれ、森の走りにはキレが増していった。そして、ランクトップ10が見えてきた2008年、再び怪我が森を襲う。腰のヘルニアだった。手術を受け、またもやゼロからのスタートを余儀なくされた。

「選手としてはもう無理なのかな」

 弱気がのぞくこともあったが、ひたすらトレーニングに打ち込んだ。そして復帰するや、09年の川口開設記念グランプリで、ついにGI初優勝を成し遂げるのである。

「必ず何かが起こるんです(苦笑)」

「俺にはできるんだ!」

 自信は甦った。あとはSGを残すのみ──。ところが、以来4年半、足踏みが続いてしまうのである。原因はマシンの規定変更だった。

「自分の調子が上がってくると、必ず何かが起こるんです(苦笑)。タイヤが変わったことで自分の走りができなくなってしまったし、エンジンも『完全に分かったな』と思った頃に、マフラーにサイレンサーが付けられて、音がまったく変わってしまった。2年前にはフレームも統一仕様に変わりました。そうした変更のたびに、 感覚がずれて、ゼロからやり直すことになってしまったんです」

【次ページ】 「お互い日本一になろう」メンバーと交わした約束

BACK 1 2 3 NEXT
森且行

モータースポーツの前後の記事

ページトップ