Number NewsBACK NUMBER

コントレイル、偉大な父ディープに続く“親子無敗三冠”! 名手・福永祐一も「今なお馬に育てられている部分がある」 

text by

NumberWeb編集部

NumberWeb編集部Sports Graphic Number Web

PROFILE

photograph byTakuya Sugiyama

posted2020/10/25 19:00

コントレイル、偉大な父ディープに続く“親子無敗三冠”! 名手・福永祐一も「今なお馬に育てられている部分がある」<Number Web> photograph by Takuya Sugiyama

見事、無敗の三冠馬ジョッキーとなった福永祐一

 コントレイルがJRA史上3頭目、そして父ディープインパクトと並ぶ“親仔無敗三冠馬”となった。25日に京都競馬場で行われた第81回菊花賞(GI/芝3000m)でアリストレテスとのたたき合いを制し、皐月賞、日本ダービーに続くクラシックレースを無傷のまま三冠制覇を成し遂げた。

 単勝は1.1倍と“ほぼ元戻し”状態の1番人気に支持されたコントレイル。鞍上の福永祐一は中団につけて道中を進めた。直線に入ると早々に先頭に立ち、一気に抜け出すかと思われたが、クリストフ・ルメールが跨る4番人気のアリストテレスが食い下がる展開に。まさかの波乱か――と思われたスリリングな展開の中でもコントレイルと福永は先着を許さなかった。

「数々のビッグレースを制してきた彼も……」

「(最後の直線について)まずいなと思いましたけど、馬を信じて自分の気持ちはぶれないように。彼にとっては長い距離でしたし、ベストパフォーマンスではないですけど、ディープインパクトが達成して以来、息子が達成したというのは世界でも類を見ないことだと思いますし、大変な偉業だと思います」

 フラッシュインタビューで笑顔を見せた福永。すでに2000勝を達成している名ジョッキーだが、興味深いのはNumber1012号『コントレイル「偉大な父も、人智も超える」』で矢作芳人調教師が語った福永とコントレイルの関係性だ。

「自信を持ってコントレイルに乗っていますね。馬の能力を信頼していることがレースぶりから伝わってくる。騎手はよく馬に育てられると言いますが、あれだけキャリアを重ね、数々のビッグレースを制してきた彼も、今なお馬に育てられている部分があるように思います」

 1984年のシンボリルドルフ、そして2005年のディープインパクト以来の快挙で、なおかつ史上初の父子無敗三冠馬達成という歴史を築き上げた。岡部幸雄、武豊という偉大なジョッキーとともに“無敗の三冠ジョッキー”として福永の名も刻まれるだろう。

<秋競馬GIプレビュー>三冠親仔伝説

「Amazon」で購入

Sports Graphic Number 1012

<秋競馬GIプレビュー>
三冠親仔伝説

【父子無敗三冠へ】 コントレイル「ディープの夢再び」

【名手&名人対談】 福永祐一×渡辺明「偉業に王手をかけて」

【特別インタビュー】 武豊のとことん血統論

【親子で語ろう】 横山典弘×和生×武史/岩田康誠×岩田望来

【初の牝馬無敗三冠へ】 デアリングタクト

定価:本体582円+税目次ページへ

関連記事

コントレイル
福永祐一
クリストフ・ルメール
矢作芳人
アリストテレス

ページトップ