“Mr.ドラフト”の野球日記BACK NUMBER

“外れ外れ”の山田哲人、改めて評価したい澤村拓一&大野雄大の一本釣り…10年前のドラフト覚えてる? 

text by

小関順二

小関順二Junji Koseki

PROFILE

photograph byKyodo News

posted2020/10/16 11:01

“外れ外れ”の山田哲人、改めて評価したい澤村拓一&大野雄大の一本釣り…10年前のドラフト覚えてる?<Number Web> photograph by Kyodo News

履正社高校で会見を行う山田哲人。ヤクルトは斎藤佑樹、塩見貴洋と即戦力投手を立て続けに外し、将来有望の打者に切り替えた

11年に新人王を獲得した澤村

◇2010年巨人指名一覧◇
1位 澤村拓一(中央大・投手)
2位 宮國椋丞(糸満高・投手)
3位 田中太一(大分工高・投手)
4位 小山雄輝(天理大・投手)
育成1位 和田凌太(広島工高・内野手)
育成2位 岸敬祐(四国九州IL愛媛・投手)
育成3位 福泉敬大(関西独立L神戸・投手)
育成4位 荻野貴幸(愛知工大・内野手)
育成5位 財前貴男(エイデン愛工大OB BLITZ・内野手)
育成6位 成瀬功亮(旭川実業高・投手)
育成7位 川口寛人(西多摩クラブ・内野手)
育成8位 丸毛謙一(大阪経済大・外野手)

 巨人に1位指名された澤村はこれまで新人王(11年)、最多セーブ(16年)を獲得し、通算登板は343試合に達し、48勝51敗75セーブ59ホールド、防御率2.77。この年の投手としてはソフトバンク育成4位から這い上がった千賀滉大や中日・大野雄大らに匹敵する成功選手に挙げられるだろう。

 18年から成績が下降線を描き、今季途中にロッテにトレードされたが、コンスタントに155キロ以上を計測する豪速球にフォークボールを交えたパワーピッチングは力勝負のパ・リーグ野球にもマッチし、抑えにつなぐ中継ぎとして復活した。

 またパ・リーグ編でも多くを触れるが、この年は広島1位福井優也(→楽天)、阪神1位榎田大樹(→西武)、楽天2位美馬学(→ロッテ)、横浜6位福山博之(→楽天)など、他球団で大成した選手が多いのがこの年の特徴でもある。

2位宮國も計算できる投手に

 2位宮國は13年に開幕投手に抜擢され、シーズン成績は前年に続く6勝(7敗)を挙げ次期エースの期待がかかったが、14年以降成績が伸び悩み、ここ3年は勝ち星に恵まれていない。一方で入団2年目の12年から毎シーズン、一軍登板を重ねているなど、戦力としては計算できる投手へと成長している。

 3位田中は退団後、社会人の強豪、セガサミーに入社し、現在も主戦級として投げている。4位小山は14年の6勝2敗がキャリアハイ。17年に楽天へトレードされ、18年限りで現役を退いて、現在は巨人の球団職員として古巣へ貢献している。

【次ページ】先発転向で輝く榎田、奮起待たれる中谷

BACK 1 2 3 4 5 6 NEXT
須田幸太
福井優也
山田哲人
澤村拓一
榎田大樹
大野雄大

プロ野球の前後の記事

ページトップ