“Mr.ドラフト”の野球日記BACK NUMBER

“外れ外れ”の山田哲人、改めて評価したい澤村拓一&大野雄大の一本釣り…10年前のドラフト覚えてる? 

text by

小関順二

小関順二Junji Koseki

PROFILE

photograph byKyodo News

posted2020/10/16 11:01

“外れ外れ”の山田哲人、改めて評価したい澤村拓一&大野雄大の一本釣り…10年前のドラフト覚えてる?<Number Web> photograph by Kyodo News

履正社高校で会見を行う山田哲人。ヤクルトは斎藤佑樹、塩見貴洋と即戦力投手を立て続けに外し、将来有望の打者に切り替えた

英断として評価できる大野の一本釣り

◇2010年中日指名一覧◇ 
1位 大野雄大(佛教大・投手)
2位 吉川大幾(PL学園高・内野手)
3位 武藤祐太(ホンダ・投手)
4位 森越祐人(名城大・内野手)
5位 関啓扶(菰野高・投手)

 大石達也、斎藤佑樹に競合する中、中日は単独で大野を1位指名した。巨人の澤村同様に、セの投手では一本釣りに成功した2人が好成績を残している。東京六大学リーグの花形選手として注目を集めた大石、斎藤にライバル意識をたぎらせたのが大野と澤村だ。プロとして何が必要か、2人の活躍は無言のうちにも多くのことを語っていると思う。

 大野は大学4年秋のリーグ戦は肩痛のため登板せず、プロ1年目も1試合の登板に終わり、0勝1敗。持ち味を発揮したのは2年目以降だった。13~15年は2ケタ勝利、16年以降は1ケタ勝利が続くが、19年は防御率2.58で初タイトルに輝いた。今季の存在感は言うまでもない。

地元指名は多いものの……

 2位吉川はプロ4年目の14年オフに戦力外通告を受けた。この年は一軍戦に16試合出場しているので「なぜ?」と思わずにいられない。練習態度で監督の逆鱗に触れた……など、さまざまな憶測を呼んだが、巨人に移籍して以降は守備要員、代走など貴重なバイプレーヤーとして重宝されている。

 4~5位は中日のお家芸とも言える東海勢の地元指名。ソフトバンクの九州勢指名にくらべると成功した選手が少ないのが気にかかる。

【続き】ドラフト史に語り継がれるソフトバンクの伝説指名

【写真】つば九郎とタッチする山田哲人&まだ細かった澤村、侍ジャパン大野の雄たけび(全11枚)

関連記事

BACK 1 2 3 4 5 6
須田幸太
福井優也
山田哲人
澤村拓一
榎田大樹
大野雄大

プロ野球の前後の記事

ページトップ