SCORE CARDBACK NUMBER

ソフトボール界の大谷翔平? 藤田倭がリーグ戦開幕で見せた『二刀流』のスゴさ

posted2020/10/12 06:00

 
ソフトボール界の大谷翔平? 藤田倭がリーグ戦開幕で見せた『二刀流』のスゴさ<Number Web> photograph by KYODO

東京五輪出場国の代表候補が集まる日本リーグは高レベル。藤田が掲げる打撃向上にも恰好の鍛錬の場となる

text by

矢内由美子

矢内由美子Yumiko Yanai

PROFILE

photograph by

KYODO

 新型コロナウイルスの影響で3月下旬からの前半戦を中止していた日本女子ソフトボールリーグが、9月5日に5カ月遅れで開幕。「ソフトボール界の大谷翔平」と呼ばれる藤田倭(やまと)を擁する太陽誘電が、東京五輪出場国であるメキシコ代表のエース、ダラス・エスコベドが先発した豊田自動織機を3-1で下し、好スタートを切った。

 3番・投手で先発した二刀流・藤田の活躍が光った。まずは投手として、2回まで3三振を奪い、いずれも三者凡退に抑える好発進。「課題とされている立ち上がりも緊張感なく、自分の間合いで投げられた」(藤田)とリズムをつかむと、打っては3回、エスコベドの外角の変化球を右中間へ運び、見事な先制ソロ本塁打を放った。

 久々の試合、しかも気温30度超えという厳しい条件。5回と6回には走者を背負うピンチもあったが、味方の好守備や粘りの投球で要所を押さえた。特に左打者のインコースに食い込むツーシームの切れ味は抜群。「自分がエースまで上がって来られたのはあの球があるから。自信のある球をコントロールできたのも良かった」と胸を張る。

 反省点は自身の本塁打の直後に相手にソロアーチを許したことだ。しかし、7回を投げて被安打5、1失点の完投勝利は見応え十分。国際試合の開催が困難な中、五輪でも戦う可能性があるエスコベドとの貴重な対戦機会だったとあって「1本打てたのも、粘り勝てたのも大きいですね」と笑顔だ。

今年はバッティングでひと花咲かせたい

“上野の413球”で日本が悲願の金メダルに輝いた'08年北京五輪。その翌年の'09年に日本リーグ入りした。ソフトボールが東京五輪の追加種目に決まった'16年には、打者として本塁打王と打点王、投手としても最多勝をマークし、MVPに輝いた。ここ数年は上野由岐子と並ぶ「日本の二枚看板」へと成長。だが昨季リーグ戦では投手として5勝5敗、打者としては打率1割9分、2本塁打と不本意な成績だった。当然ながら、今季に懸ける思いは強い。

 今後は11月の決勝トーナメント進出に向け、10月末まで12チーム1回戦総当たりで11試合を戦う。「今年はバッティングでひと花咲かせたいですね」と意気込む藤田。成長を止めない二刀流から目が離せない。

<欧州サッカー開幕特集>久保建英、リーガをゆく

「Amazon」で購入

Sports Graphic Number 1011

<欧州サッカー開幕特集>
久保建英、リーガをゆく

【巻頭インタビュー】 久保建英「より面白いサッカーを」
【新天地を徹底解剖】 ビジャレアルの全貌
【観戦必読】 リーガの論点
混迷バルサの行方は?/ジダンはなぜ勝てる?/岡崎慎司インタビュー ほか

【全米オープン詳報】 大坂なおみ「伊達公子が語る逆転V」

定価:本体582円+税目次ページへ

関連記事

藤田倭
東京五輪
オリンピック・パラリンピック

他競技の前後の記事

ページトップ