SCORE CARDBACK NUMBER

“スプラッシュ・ヒット”に憧れて 吉田正尚のスイングの原点

posted2020/09/28 07:30

 
“スプラッシュ・ヒット”に憧れて 吉田正尚のスイングの原点<Number Web> photograph by KYODO

パ・リーグトップを独走する打率.369もさることながら、規定打席到達選手で最少の三振16も驚異的(9/10現在)

text by

石田雄太

石田雄太Yuta Ishida

PROFILE

photograph by

KYODO

 子どもの頃、吉田正尚は夜10時から始まるメジャーリーグのハイライトをテレビで観るのが楽しみだった。とりわけ惹きつけられたのは、ホームランを連発していたバリー・ボンズのバッティングだ。

「メジャーの野球ってワクワクするじゃないですか。ボンズのスプラッシュ・ヒット(ライト場外の海へ飛び込むホームラン)をボートで追いかける人がいましたよね。あの映像がメッチャ、印象に残っています」

 メジャー史上最多となる通算762本、シーズン73本の記録を持つホームランバッターに憧れた正尚少年は、白球をどこまでも遠くへ飛ばす快感をいつも追い求めていた。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 652文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

<欧州サッカー開幕特集>久保建英、リーガをゆく

関連記事

オリックス・バファローズ
吉田正尚
バリー・ボンズ

プロ野球の前後の記事

ページトップ