プロ野球PRESSBACK NUMBER

ポスト秋山翔吾を狙うライオンズの“1番”候補。22歳鈴木将平「なんとか食らいついていきたい」

posted2020/09/03 11:30

 
ポスト秋山翔吾を狙うライオンズの“1番”候補。22歳鈴木将平「なんとか食らいついていきたい」<Number Web> photograph by Kyodo News

プロ4年目の22歳。快足を生かした広い守備範囲と優れたバットコントロールで1番定着を目指す。

text by

市川忍

市川忍Shinobu Ichikawa

PROFILE

photograph by

Kyodo News

 レギュラーを取る――。

 今シーズンの開幕前、鈴木将平は誓いを立てた。

「レギュラーを取りたい」でも「レギュラーを取るのが目標」でもなく、「取る」と宣言したのには理由があった。

「今年は勝負の年だと思っていました。とにかく試合に出続けること。そして単に出場するだけではなく、チームにプラスになるような働きをすること。数字どうこうより、チームに貢献することを考えています」

 勝負の年と語ったのには、入団以来、ずっと追いかけ続けてきた秋山翔吾の存在が関わっている。

 長年、ライオンズの1番・センターは秋山の定位置だった。しかし、そんな秋山が今シーズンよりシンシナティ・レッズに移籍。外野のレギュラーポジションがひとつ、空いた。

 2017年にドラフト4位で静岡高校から入団した鈴木にとって、秋山は憧れの人だった。入団した年こそウィンターリーグへの派遣で叶わなかったが、翌年には「一緒に自主トレーニングをさせてください」と秋山に頼み込み、門下生となった。

決めたことをやり切る、やり続ける。

 鈴木は当時を振り返る。

「一緒に自主トレーニングをしたいと思ったのは、秋山さんがライオンズで一番ヒットを多く打っていた人だし、秋山さんの野球に対する姿勢を側で見ていたからです。プロ入り1年目、僕がファームにいたとき、秋山さんは一軍の試合後や試合前、いつも室内練習場に来てマシンで打ち込んでいました。どういう考え方で野球に取り組んでいるのか、近くで見てみたいと思ったんです」

 合同自主トレーニングでは、砂浜を使った下半身強化のメニューなどに汗を流した。

「秋山さんはよく話をしてくれるかたなので、僕の方から聞かなくても、自分の経験談をたくさん話してくださいました。見習いたいと思ったのは、具体的な技術よりも、やはりメンタルです。決めたことをやり切るメンタル、そしてやり続けるメンタルを持っています。『疲れているから今日は練習をしない』とか『練習量を減らそう』という妥協が一切ない人です」

 これがプロの姿だと思い知ったと振り返る。

【次ページ】 秋山からも感じた鈴木への期待。

1 2 3 4 NEXT
埼玉西武ライオンズ
鈴木将平
秋山翔吾

プロ野球の前後のコラム

ページトップ