沸騰! 日本サラブ列島BACK NUMBER

菊池寛と一緒に「無観客ダービー」へ。
生き証人が語る1944年の日本競馬。

posted2020/08/13 11:30

 
菊池寛と一緒に「無観客ダービー」へ。生き証人が語る1944年の日本競馬。<Number Web> photograph by Kyodo News

76年ぶりの無観客開催となった今年の日本ダービー。1944年の日本競馬もまた、時代に翻弄されての開催だった。

text by

島田明宏

島田明宏Akihiro Shimada

PROFILE

photograph by

Kyodo News

 新型コロナウイルス感染拡大防止のため、JRAでは2月29日から無観客で競馬を開催してきた。

 今JRAで行われているのは、太平洋戦争中の1944年に能力検定競走として実施された競馬以来、76年ぶりの無観客競馬である。

 コントレイルが無敗で制した第87回日本ダービーは、76年ぶりの無観客ダービーだった。

 来年のダービーは本来の有観客ダービーになってほしいという願いをこめて、ここで、1944年の無観客ダービーを振り返ってみたい。

菊池寛と父と東京競馬場へ。

 実は、能力検定競走として行われた76年前のダービーを現地で見ていたという生き証人がいる。

 作家・ジャーナリストの矢崎泰久氏(87)である。

 そのダービーが行われたとき、矢崎氏は11歳。「文壇の大御所」と呼ばれた作家で、馬主でもあった菊池寛と、菊池の秘書のような仕事をしていた父の矢崎寧之氏らとともに、東京競馬場にいたという。

「父と菊池先生に連れられ、私が初めて東京競馬場に行ったのは、その5年ほど前、小学校に上がる前の年のことでした。『万歳館』というスタンドの真ん中に大きな柱がありましてね。走り回らないようにと、そこに縄でつながれたんです。知っている人が誰もいなくなったときは不安になりました(笑)」

【次ページ】 大人たちが手をつないでいた理由。

1 2 3 4 NEXT
コントレイル

競馬の前後のコラム

ページトップ