寺原隼人の名言 

今日の名言 

甲子園で名前を残せるチャンスがあるなら狙うべきでしょう。

寺原隼人(高校野球)

2020/08/10

宮崎に「松坂超え」を公言する青年が現れた。日南学園のエース寺原は、当時甲子園最速を誇っていた松坂大輔、新垣渚が持つ151kmに迫る速球で話題をさらっていた。いまでこそ150km超えは珍しくないが、その記録更新を願う大歓声に包まれた甲子園で、伝説を刻む。2回戦の玉野光南(岡山)戦、投げた瞬間「これはいったかな」と感触を得たボールは154kmを記録。速球王の誕生にメディアも大きく賑わった。プロとしてキャリア10年を積んだ当時のインタビューで、かつての自分にどんな声をかけるかと問われると「記録を狙えって言います」と即答。ピッチングの妙味を知った上で「甲子園は自分の名前を売る場所」と力強く語っていた。

Number809・810号(2012/08/03)

<甲子園 夢の再会>あの夏を語ろう。

Sports Graphic Number 809・810

<甲子園 夢の再会>
あの夏を語ろう。

 

人物
出典元雑誌 年発売
競技
Web配信 月配信
全文検索  

ページトップ