Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

<求道者の回想>
前田智徳「努力が足りねえ!」

posted2020/08/12 07:30

 
<求道者の回想>前田智徳「努力が足りねえ!」<Number Web> photograph by Katsuro Okazawa

名門・熊本工の天才バッター前田智徳は甲子園での幾度もの敗戦を経て、次のステージへの力を手にした。

text by

赤坂英一

赤坂英一Eiichi Akasaka

PROFILE

photograph by

Katsuro Okazawa

甲子園の舞台で、理想のスイングで、理想の打球を飛ばしたい。スラッガーはその瞬間を夢見て、ひたすらバットを振り続ける。ただし、多くの強打者が聖地の打席で厳しい現実に直面する。名門・熊本工の天才バッターが、その悔しさから得たものとは。

1989年8月16日 2回戦
熊本工 1-3 吉田
1回戦を19安打13得点で快勝した熊本工だが、この日は吉田のエース井出を打ち崩せず。8回に勝ち越しを許し、最後は前田が1ゴロに。

「敗れたり――それが、甲子園最後の試合が終わったときの、僕の率直な心境です。ただ、3年間、一途に野球をやってきた。春からキャプテンになって、みんなで最低限、何とか頑張ることはできたんじゃないか。そういう自負もどこかにありました」

 前田智徳はいま、甲子園での最後の夏をそう振り返る。熊本工3年生で自身が主将としてチームを率いた1989年、2回戦で対戦した吉田(山梨)に1対3で敗退。4番・センターで出場した前田は、1ゴロに打ち取られて最後の打者となった。

「エースの井出竜也くんにやられました。とくにカットボール系の速いスライダーがよくて、最後の打席もそれで抑えられた。高校時代に見た中で1番のキレでしたね。

 そのとき、僕が感じていたのは、悔しさと同時に、寂しさです。この夏を最後まで勝ち進めば、9月の国体までみんなと野球ができる。だけど、1度負けたらおしまい。1試合でも多く、1日でも長く野球をやるには、勝ち続けていくしかありません。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 2928文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

前田智徳
熊本工業高校

高校野球の前後のコラム

ページトップ