SCORE CARDBACK NUMBER

シーズン再開に備えるレブロン。
王者の称号とプライドを懸けて。

posted2020/07/30 19:00

 
シーズン再開に備えるレブロン。王者の称号とプライドを懸けて。<Number Web> photograph by Getty Images

レブロン率いるレイカーズはシーズン中断した時点で西カンファレンス首位。既にプレイオフ進出が確定している。

text by

宮地陽子

宮地陽子Yoko Miyaji

PROFILE

photograph by

Getty Images

 NBAシーズン再開のために、フロリダ州のESPNワイドワールド・オブ・スポーツ・コンプレックスで他のNBA選手たちと共に隔離生活を送っているレブロン・ジェームズ(ロサンゼルス・レイカーズ)は、隔離生活が普通になってきたかと聞かれ、きっぱり言った。

「2020年だぜ。2020年には普通のことなんて何もない」

 確かにレブロンにとってもレイカーズにとっても、'20年の最初の7カ月は普通とはほど遠い月日だった。1月26日に元レイカーズのスーパースター、コービー・ブライアントがヘリコプター事故で亡くなった。そして3月にはNBA選手の中からコロナウイルス感染者が出たことを引き金にシーズンが中断。直後の検査では、名前は公表されていないが、レイカーズからも選手2人の感染が明らかになっている。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 559文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

甲子園 一敗の輝き~真夏の号泣伝説1980-2020~

関連記事

レブロン・ジェームズ
ロサンゼルス・レイカーズ

バスケットボールの前後の記事

ページトップ