ゴルフPRESSBACK NUMBER

ゴルフ界の嘲笑をひっくり返した男。
デシャンボーは本当にわがままか?

posted2020/07/10 10:00

 
ゴルフ界の嘲笑をひっくり返した男。デシャンボーは本当にわがままか?<Number Web> photograph by AFLO

「新しい考えというのは、まだ普及していないというだけの理由でいつも疑われ、たいてい反対される」とはジョン・ロックの名言である。

text by

舩越園子

舩越園子Sonoko Funakoshi

PROFILE

photograph by

AFLO

 コロナ禍の真っ只中、無観客で動き出した米ツアーの再開第4戦、ロケット・モーゲージ・クラシックを制したのは26歳の米国人、ブライソン・デシャンボーだった。が、その前日の第3ラウンドで彼が取った言動に「またか?」と苦笑したゴルフファンは少なくなかったはずである。

 日本のメディアはデシャンボーに「天才科学者」などと、きわめて好意的な枕詞を付けている。だが、手厳しい米メディアはむしろたっぷりの皮肉を込めて、彼を「マッド・サイエンティスト(狂った科学者)」と呼んでいる。

「アイアンの長さは、すべて同一がベストだ。それは科学的根拠に基づいている」

 学生時代から、そう主張していたデシャンボーが2015年全米アマチュア制覇後にプロ転向し、やっぱり同一レングスのアイアンをバッグに入れて米ツアーへやってきたとき、米メディアは半信半疑で、いや苦笑気味に、いやいや嘲笑さえしながら彼を「狂った科学者」と呼び始めた。

 その後もデシャンボーは次々に風変りな「狂った科学者」ぶりを披露しては物議を醸したが、世間の喧騒や批判とは裏腹に、彼は着々と勝利を挙げ、昨年までに通算5勝の実績を築いた。

10キロ近く体重を増やした巨体。

 そして、プロデビューから5年が経過した今年。新型コロナウイルス感染拡大で米ツアーが休止され、ほぼ3カ月後にようやく再開されたとき、初戦となったチャールズ・シュワッブ・チャレンジの会場に現れたデシャンボーの巨大化した姿に誰もが目を見張った。

 20ポンド(≒9キロ)以上も体重をあえて増やしたという肉体は、ボディビルダーのように筋肉が盛り上がり、巨体から打ち放たれるドライバーショットの威力にトッププレーヤーたちが揃って度肝を抜かれた。

「ブライソンは軽々360ヤード、いや370ヤード以上を飛ばしていた。びっくりした。信じられない。ほとんど人間離れしている」

 一緒に回った世界ナンバー1のローリー・マキロイは、大きな目をくりくりさせながら驚いていた。

【次ページ】 変貌に米ツアー中が注目。

1 2 3 4 NEXT
ブライソン・デシャンボー

男子ゴルフの前後のコラム

ページトップ