JリーグPRESSBACK NUMBER

J1大分、堅守そのまま得点力強化。
新加入の知念慶と渡大生に期待。 

text by

柚野真也

柚野真也Shinya Yuno

PROFILE

photograph byJ.LEAGUE

posted2020/07/04 09:00

J1大分、堅守そのまま得点力強化。新加入の知念慶と渡大生に期待。<Number Web> photograph by J.LEAGUE

大きな期待がかかる新加入の知念慶。渡大生とともにゴールを量産できれば、大分の躍進が実現するはずだ。

頼もしいふたり、得点力上がった。

 注目選手が知念なのは間違いないが、同じ新加入の渡大生の存在も面白い。今季初の公式戦となったルヴァンカップの湘南戦で先発出場。ポジションはFWではなく、ひとつ下がったシャドーだが、ゴール前に飛び出し泥臭く得点を狙うストライカーのスタイルは変わらない。最前線の知念が作り出したスペースを突き、あるいは知念の近くに位置取り、その落としを受けてフィニッシュに持ち込む。

 また状況によって役割を変え、前線に張るケースも出てきそうだ。新加入だが、連係はまるで長きに渡って所属しているかのようにフィットしている。「後ろから見ていても、あのふたりは頼もしい。僕らが想像しないようなシュートを決める。昨季より間違いなく得点力は上がった」とGK高木駿も頼りにしている。

 前線の枚数を増やしたいときは知念と渡の2トップも考えられる。新たなオプションとなって渡がゴールを量産できれば、大分の躍進は現実のものとなるはずだ。

降格なくても結果にこだわる。

 短期決戦の連戦続き、再開初戦は無観客試合。「いろんなことが起こりうるシーズンになる。心配もあるが、90分戦える準備はできている」と片野坂監督は言葉に力を込める。どんな苦境に立たされようとも、武器であるチームワークの良さ、団結力を持ってリーグ再開へ向けて準備は着々と進められている。

 今季の目標は「6位以内を狙う」と当初のまま。降格のないシーズンであるが、結果にこだわることを明かした。

 戦術の幅を広げる新たなチャレンジの姿勢が、今季の成否にも関わってくるはずだ。

関連記事

BACK 1 2 3
大分トリニータ
片野坂知宏
知念慶
渡大生
町田也真人
野村直輝
長谷川雄志
高木駿
小塚和季
三平和司
松本怜

Jリーグの前後の記事

ページトップ