Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

<オールラウンダーの告白>
秋山幸二「メジャーの結果を日々チェックしていた」

posted2020/06/25 15:00

 
<オールラウンダーの告白>秋山幸二「メジャーの結果を日々チェックしていた」<Number Web> photograph by Koji Asakura

text by

鈴木忠平

鈴木忠平Tadahira Suzuki

PROFILE

photograph by

Koji Asakura

走攻守にずば抜けた能力を持ち、黄金期のクリーンアップを支え続けた。「メジャーに最も近い」と言われた男が、AKD砲やバック宙ホームインによって得たもの、そして大リーグへの憧れを語った。(Number1005号掲載)

 野球人生の大きなきっかけになったゲームがあります。1986年、広島との日本シリーズ第8戦、バック宙でホームインしたあの試合です。

 あれから多くの人に認識され、見られるようになり、それによってプロとしての意識が変化しました。責任感が出て、技術を追求するようになり、怪我をしても休めないと考えるようになりました。

 そして当時の西武にはそうしたプロ意識の高いメンバーがそろっていましたし、それがなくては生き残っていけなかったと思います。石毛(宏典)さん、辻(発彦)さんたちとは骨折や肉離れをしていても「まさか、それで休むわけじゃないよね」と叱咤し合っていました。

 中でもファンの人たちの記憶にあるのは清原(和博)、デストラーデと組んだクリーンアップでしょうか。私は生涯、ホームランを打つことを追求して野球をやってきたので、同じチームに、自分以外に2人もホームランバッターがいるというのは大変な刺激でした。

 5つ下の清原に対しては、鳴り物入りで入団してきて、「負けるわけにはいかない」という意識を持っていました。デストラーデは同い年でしたし、ともにホームランを打ちたい意識が強かったので、良きライバルでした。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 1889文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

ライオンズ70周年完全保存版獅子の遺伝子
秋山幸二
清原和博
オレステス・デストラーデ
埼玉西武ライオンズ

プロ野球の前後の記事

ページトップ